看護師派遣 両立

両立するならやっぱり看護師派遣?

両立するならやっぱり看護師派遣?

仕事と育児を両立させるなら、やっぱり看護師派遣ですよね。育児と両立を考えている方のためのサイトです。

看護師派遣で育児と両立

仕事と育児を両立させるなら、やっぱり看護師派遣でしょうかね。

常勤ナースとしてフル出勤しながら育児をするのは…どうしても限界があるかもしれません。

子供が小学生になり、ある程度手がかからなくなれば、正社員としてバリバリ病棟で働く、という選択肢もリアルです。

でも、子供が小さいうちは、なかなかフルタイムの出勤って難しいですよね。

または子供が小学生でも、帰宅する時間は家にいてあげたい、鍵っ子にはしたくない、という思いをお持ちかもしれません。

やっぱり小学生って、まだまだ心配ですからね…。

最近は物騒なニュースも多いですし、「出来るかぎり子供と一緒にいてあげたい」と考えるのは自然ですよ。

小学校高学年、中学生になると、今度は思春期に入りますから、やっぱり目を離せないかもしれません。

私もそのころは親や教師に反抗して不良仲間もいましたが、母親が専業主婦で家にいたおかげで、大きく道をそれることはなかったです。

そのくらい子供にとって、母親の存在って大きいです。

高校生になれば、少しは関係も変わってきますけどね。

看護師派遣で育児と両立しましょう

そうは言っても、完全に看護師の仕事からは離れられない、ブランクが長くなると勘が鈍ってしまう…と考えているナースも多いのではないでしょうか。

病棟から離れて1年、2年と経てば、どうしてもスムーズに復帰しづらくなります。

特に3年の空白期間で仕事の流れを70%忘れてしまう、5年で完全に忘れてしまう…という意見もあります。

採用する病院としても、あまりにブランクが長すぎる看護師は敬遠するかもしれません。

そう考えると、「ムリのない範囲で育児と仕事を両立したい」と考えますよね。

常勤ナースとしてフルタイムは難しくても、時間の都合が利きやすい非常勤なら、両立できる可能性も高いでしょう。

非常勤で最初に思い浮かぶのはパートかもしれませんが、看護師派遣もおすすめですよ。

パートよりも高時給を得られるケースがありますし、派遣なら期間限定で働けたり、午前中のみ、午後のみ、週末(土日)のみ、といった働き方もしやすいです。

それにパートやアルバイトのように直接雇用ではないため、人間関係の悩みも薄い可能性がありますね。

看護のプロとしての自覚は必要ですが、良い意味で『あくま でも派遣ナース』というスタンスで、周囲と適度な距離を取りながら働けるのではないでしょうか。

やっぱりナース同士の人間関係で悩んだり、派閥やグループに上手く馴染めず退職する人もいますからね。

ママさんナースが少ない職場だと、育児への理解が得られなかったり、子供が病気になっても急に休めない、ということもあるようです。

そうなると困りますよね…。

家庭優先、育児優先なら、やっぱり看護師派遣を中心に考えると良いですよ。

また、職場として病院やクリニックだけでなく、介護施設や児童養護施設もあります。

特に児童養護施設は、育児経験を活かせる職場として人気があるんですよね。

一般的なナースの仕事とは異なる部分も多いので、以下のページを参考にされて下さい。

児童養護施設 看護師の仕事 

育児と仕事の両立を考えている薬剤師さんへ

育児と仕事の両立は、看護師さんだけのテーマではないですよね。

同じ医療職として、薬剤師さんにも共通する悩みです。

ナース専用の人材紹介会社、派遣会社があるように、薬剤師専用の派遣会社もありますよ。

そのようなサービスを利用する方が、様々な職業を扱う人材紹介会社よりもメリットが多いでしょう。

やはり薬剤師目線でサポートしてもらえるのが大きいですし、『本当に育児と両立できる薬局やドラッグストア』を紹介してもらえるチャンスもアップします。

今は全国的に広く対応している派遣会社が多いですしね。

東京だけでなく、関西、四国、中国、四国、東北、北海道の薬剤師さんが利用できる派遣会社もあります。

たとえば「京都で日曜のみ働ける薬剤師求人を探したい」という希望をお持ちの場合は、以下をご覧いただければと思います。

日曜日のみ 薬剤師求人 京都

日曜限定の京都の薬剤師求人に関する情報ページですね。

仕事探しは情報戦ですから、色々なサイトを参考にして下さい。